ホームページ作成に使える補助金

ホームページの制作を依頼しよう!と思っても、予算が限られていてなかなか依頼ができない、という方もいらっしゃると思います。
予算の関係で制作をためらっている方におすすめしたいのが、補助金制度の利用です。
補助金は、対象条件を満たしていれば基本的にはだれでも申請することができます。ただ申請ができてもその通過率は1/3ほどと言われています。意外とケチですよね。
活用すれば、できることが大幅に増えます。予算の2/3が補助対象ですが、返済の義務もありません。
この機会に払った税金を取り戻しましょう!

以下では、当社でホームページの制作をご依頼頂く時や、展示会などの費用として使って頂ける補助金を紹介します。

小規模事業者持続化補助金

商工会議所のサポートを受けながら企画書を作成し、その計画にそって行う事業に対して補助金を支給して支援する制度です。
小規模事業者の事業の継続・発展を目的としています。

※小規模事業者とは、おおむね常時使用する従業員の数が20人(商業・サービス業は、5人)以下の事業者とされています。

申請期間

平成29年度補正 補助金の場合
平成30年3月9日(金)〜平成30年5月18日(金)

対象者

小規模事業者

申請窓口

日本商工会議所

補助上限額等

補助額50万円
補助率補助対象経費の2/3以内
・75万円以上の補助対象となる事業所に対し、50万円を補助します。
・75万円未満の場合は、その2/3の金額を補助します。

補助対象経費

1.機械装置等費2.広報費3.展示会等出店費4.旅費5.開発費
6.資料購入費7.雑役務費8.借費9.専門家謝金10.専門家旅費
11.車両購入費12.設備処分費13.委託費14.外注費 

ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金

中小企業・小規模事業者の、生産性向上のための「サービス開発」「試作品開発」「生産プロセスの改善」を行うための支援が目的です。

申請期間

平成29年度補正 補助金の場合
平成30年2月28日(水)〜平成30年4月27日(金)

対象者

中小企業・小規模事業者

申請窓口

滋賀県中小企業団体中央会

補助上限額等

事業類型:一般型
補助額1,000万円(100万円)
補助率補助対象経費の2/3以内 ・・・ 一定要件を満たす者
 補助対象経費の1/2以内 ・・・ その他の者
事業類型:小規模型
補助額500万円(100万円)
補助率補助対象経費の2/3以内 ・・・ 小規模事業者
 補助対象経費の1/2以内 ・・・ その他の者

補助対象経費

1.機械装置費2.技術導入費3.専門家経費4.運搬費5.原材料費
6.外注加工費7.委託費8.知的財産権等関連経費9.クラウド利用費

補助金・助成金の相談・申請の流れ

自社の認知度を上げる、商品やサービスのアピールをして売上を上げるなど、ホームページを活用することで様々な効果や利益をもたらすことができます。これらをうまく活用すれば、自己負担を減らしてホームページ制作が可能になります。

補助金についてより詳しくはお近くの商工会議所へご相談いただければと思いますが、申請に際してはお見積もりが必要ですので、ホームページの構成の相談やお見積もりの積算を望まれる場合は、まず当社までご相談くださいませ。見積り書を発行させて頂きますので、それから申請手続きを進めてください。

何か分からない事などがございましたら、アナログエンジンまでお気軽にお問い合わせください。