なぜ検索結果の上位表示が大切なの?

検索結果の上位表示

人は上位表示された検索結果しか見ない

PCでは2.3ページ、スマホでは画面3.1枚分の検索結果しか見ない

通常、何かのキーワードを検索した人は、検索結果を2〜3ページしか見ません。人は膨大に与えられた情報を一度に処理できませんし、思った以上に早く興味を失います。今知りたいことは今見えているものの中からしか知ろうとしません。人は選択的に検索結果の上位のみを見るような心理になっているんですね。
つまり、検索結果の表示順位は高ければ高いほど、そのホームページが見られる確率が高いと言うことになります。

あなたは検索結果を何ページ目まで見る?

例えば、googleで「ブライダル」というキーワードを検索すると、3,000,000件以上のホームページが存在することがわかります。しかし、検索結果を表示するパソコンの画面では、1,950,000件全てを一度に表示せず、10件ずつ表示します。まず、1件目から10件目まで検索結果を表示し、ページの最下部に次の10件へのリンクがあり、それをクリックしないと11件目から20件目を表示しません。
もし、あなたがブライダルに関連するホームページを立ち上げていて、その検索結果が3,000,000件中1,000,000件目だったとしたら、検索サイトのユーザーは何回「次の10件」へのリンクをクリックするでしょうか?

上位表示されても検索結果のクリック率自体が低いことも

1ページ目に表示された検索結果は、そのリンク先の一部の情報を見せてくれます。ページタイトルと検索結果とマッチするコンテンツの一部ですね。その内容が自分の欲しい情報ではなかった時、いかに上位に表示されてもクリックをすることはありません。コンテンツのチラ見せを意識したページ作りがとても重要なんですね。

検索結果の表示順位は何で決まる?

アナログエンジンで検索エンジン対策を説明するとき、順位決定の仕組みを下記のように分けています。

 「キーワードのマッチング」については、常に変動するキーワードの重要性を調査しながら、自身のホームページに最適なキーワードを使用し、コンテンツの変更を行います。
また、「ホームページそのものの構造」については、作成時にある程度検索エンジンへの対応が限定されているホームページの構造を検索エンジンの働きに準じたWEBデザインに作り替え、効果を発揮します。
検索エンジン対策とはyahooやgoogleなどの検索サイトの利用者が入力したキーワードで出力される検索結果に、いかに自身のホームページを上位に表示させるかという仕組み作りを意味します。
特に2018年以降はスマートフォン対応も大切になってきました。デバイスごとに検索結果の表示が変わることになったからです。
また2020年は位置情報との連携強化も行われました。その制作したホームページがどの地域と連動しているかも重要視されるわけですね。
2021年以降は検索エンジン対策は激動の年に入りますね。

検索エンジン対策に強いホームページの構造にお悩みならご相談を

アナログエンジンでは、海外のエンジニアたちと連携して、常に新しいSEOの情報を入手し活用しています。弊社に相談いただければ無料でのアドバイスも行なっています。ぜひお悩みの方は一度ご相談ください。