SEM(検索エンジンマーケティング)

SEM(Search Engine Marketing)ってとても重要

SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンや大手ポータルサイトのコンテンツや検索結果のページに広告を表示する有料サービスの事です。
Yahoo!JAPANやGoogleなどの検索エンジンの検索結果や大型情報サイトを表示したときに、
上下左右に「スポンサーサイト」として、テキスト広告が表示されますね。

そもそも検索エンジンの検索結果は、訪問者が興味があるキーワードを検索した結果表示されるものですので、そこに関連ある広告を表示させる事でホームページへの訪問率は高くなるでしょう。
ランダムに広告配信をするのではなく、あらかじめ絞り込んだキーワードにて特定の人間にだけ広告を表示し、費用対効果の面からもマーケティングの面からも戦略的に広告を出稿する。それがSEMです。
下記にSEMとして利用できる広告例を記します。

アドワーズ(Adwwords)の広告

Googleが提供する広告システム。
Googleの検索結果に連動して広告が表示される検索連動型広告という仕組みで、
入札価格によって広告掲載順位が変化する。
検索連動型広告の特長は、検索サイトの利用者が興味を持った特定のキーワードについて検索した時に、
検索結果のページに広告を表示できるので、広告表示対象の絞り込みができる事。
Adwordsはクリックされた場合のみに課金が発生するクリック保証型広告。

オーバーチュア(Overture)の広告

Yahooの子会社、オーバーチュアが提供する広告システム。
オークション方式の入札で広告の掲載順位が変わるのが特長で、
出稿した広告がクリックされた場合のみに課金が発生する仕組み。
Yahoo! JAPANやMSN、exciteなどのホームページに広告掲載されるので広くアピールが可能。
CPC(ワンクリック当たりの費用)は9円から。