検索エンジンとは?

検索エンジンとは?

そもそもの概念

世界中には数え切れない数のホームページが存在します。
例えば、あなたが「滋賀県にあるお洒落なケーキ屋さんのホームページ」を探すとき、世界中のホームページを一つ一つ見るようなことはありません。
必ず、yahooやgoogleなどの検索サイトに訪れ、キーワードを入力し、その検索結果を見て訪れるホームページをどこにするか判断します。

検索サイトは、キーワードが入力された直後に目的のホームページを表示できるようあらかじめ、様々なホームページの情報が記録されており、その中から該当するホームページのみを選定して表示します。
この時、検索サイト内に備わっている下記の仕組みを持つシステムを総称として「検索エンジン(サーチエンジン)」と呼んでいます。
世界の目次、それが検索サイト。それを作っているのが検索エンジンです。
2018年現在、google一強の時代です。ターミネーターの時代もすぐそこですね!

検索サイトの種類

Google

検索エンジン界の黒船。であったが今や世界シェアトップの検索エンジン。サイトの軽快さ故に業務でもよく使われるヘビーユーザー向けのエンジン。YoutubeやMap機能などとも連動しているため地域検索やニュース検索まで対応。
毎年毎年検索ランキングの仕様を変える、通称エディター殺し。

Yahoo Japan

言わずと知れた日本の最大ポータルサイト。googleと同じ言語解析エンジンを使用しているが、プロモートは独自のもの。知名度からインターネットの使用頻度が低いユーザーにも使われている。BtoCサービス向けのホームページを作るならYahoo対策が優先。 しかしながら検索ページの広告の多さは都会の路地裏のよう。

Bing(MSNサーチ)

マイクロソフトが運営する検索エンジン。使いにくさ故に好んで使う人は少ないが、パソコン購入時に勝手に設定されていることも多いためインターネットに慣れていないユーザーが多い。 リニューアルしたくせに使いづらさは倍増。

Baido(百度)

googleを追い出しつつ大きくなった中国産検索エンジン。凄まじい言論統制能力を持つ。このサイトに目を付けられるとホームページの負荷が上がるため、アナログエンジンでは拒否対象。

Naver

韓国産検索エンジン。サイトの作りは良さそうだが、検索ロボット(クローラー)がサーバーに異常な負荷をかける。AM1時〜AM4時の活動が活発なため、まさにサーバーを狙う深夜のヒットマン。

BIGLOBE、goo、Nifty、excite

圧倒的なgoogleの力にひれ伏した元検索サイト。ご存命だが、もはや対策の必要は無し。