SEO(検索エンジン最適化)

2018年3月、検索エンジン対策は転換期を迎えました。

googleが以前より告知し、先日発表した内容によると、検索エンジンの仕組み的なものが大きく変わります。
「モバイル版ホームページを重要視すること」、「地域情報を重視すること」、「キーワードトレンドとニーズを重視すること」、「サーバーの速度を重視すること」などなど。

その中でもモバイル版ホームページが重要視されることは大きいですよね。
近くのレストランを探す時、寝る前に携帯で見る趣味のページ、車の故障や水漏れなどのトラブルが起こった時の緊急時、一番に見るのはスマートフォン用ホームページですもんね。
恐らく2018年3月〜6月の間では検索結果のランキングなどが細々変動します。
これまで放置するだけでもそこそこ売り上げのあったホームページも、今後は違った結果になるかもしれません。
ということで、ちゃんと対策はしましょう!

よく言われるホームページのSEOって何よ?

SEOは「セオ」ではなくそのまま「エスイーオー」と読みます。 電話でご新規のお客様に「エスオーエスは対応してますか?」と聞かれた事がありますが、うちは残念ながら山岳救助隊じゃないです。 Search Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」という意味です。 そう言われても、わからないですよね。 要は「googleとかYahooなどの検索エンジンで検索された時に自分のホームページを見つかりやすくする対策」をまとめてそう言ってると思ってください。 google Mapの対策や、SNSの対策などいろんなものがあります。

嘘つき!ブログを書いたら上位表示されるって言ったじゃない!

よくSEOを売りにしている業者さんが「ブログを書いたらページが増えて、見つかりやすくなる」って言ってくるんですよね。 全部が全部嘘じゃないですが、「ホームページの訪問者にとって得にならないコンテンツをいくら作っても無駄」というのが正しい表現です。 ホームページのリニューアル案件で、古いホームページを拝見させていただくと、どうでもいい情報ばかり載っているブログをお見かけします。 どこかで「ブログを書くと何だかいいらしい!」と聞いた社長または上司のトップダウンな命令で無理やり奴隷のようにスタッフがブログを書かされている例も多いですね。