記事のライティング・コラム作成・代行執筆

ちゃんと更新してる?筆不精なあなたのための記事作成代行

ブログを毎日書くことが検索エンジン対策になったのは一昔前、今では内容の深い、読み手にメリットのある記事作成が検索エンジン対策に求められています。
専門性、その深さ、関連用語、いろいろ意識すると、もう文章何から書いていいのかわからないですよね。
そして一番大事なのは、記事を書く時間。
イッパシの営業マンが、外回りして業務こなして、社内に帰って業務こなして、さあ記事を書こうと思ったらもう夕方?!なんて状態でコラムなんてかけないですよね。
弊社のお客様でも事務員さんに「適当に記事書いといて!」みたいな依頼をしてますが、専門職じゃない事務員さんに深いコラムを書く知識や時間もありません。
それに慢性人不足なこの時代、どこに余剰人員がいるのでしょうか?
そんな時には渡りに船!アナログエンジンの記事作成代行サービスをご利用ください。
弊社では、お客様のホームページ制作の一環として、コラム・ブログの執筆代行業務を行っています。

「インタビュー」or「おまかせ」でライティング依頼

弊社には専属のライターが在籍しています。
専門性の必要な記事作成では、電話もしくは対面でインタビューを行い、より内容の深いライティングを行います。
専門的でなく、検索エンジン対策が目的の場合は、コストが抑えられる、「ブログ作成代行」や「おまかせ記事作成代行」をご利用ください。
弊社でタイトルリスト、プロットなどを作成し、お客様のホームページを盛り上げます。
記事作成を代行した時のサンプルを以下に掲載しています。

(タイトル)農業界の助け舟?人材不足解消のための救世主「IT産業」

野菜なんて、畑にタネをまいて、水さえやっておけば簡単に育つ!そう思っていた時代が筆者にもありました。
確かに育つんですよね、特に日本は四季も豊か、安定した気候。
断崖絶壁だとか、洞窟の真っ暗闇の中とか、よっぽど悪い条件でなければ。
でも「美味しい」ことが条件に入ると、途端にモゴモゴし出すわけです。
適当に作った野菜は、やっぱり適当な味。
本当に美味しい野菜を作っている農家さんは、想像以上の手間暇をかけて野菜を育てているわけです。
今回のお話は農家の中でも「本気で」「美味しい」野菜を作っている農家さんの悲痛なお話。

▼同情するなら「人」をくれ!農家の悲痛な叫び

先ほど「本当に美味しい野菜を作っている農家さんは、想像以上の手間暇をかけて野菜を育てているわけです。」と書きました。
その「想像以上の手間暇」の中に美味しさの秘訣があるわけなのですが、手間暇かけたくても、
それを行う「人」がいない、そんなことがもう数十年言われています。

そもそも日本の農業自体の衰退は、1970年頃始まった、減反政策。
お米が大量に生産されていた日本では、米が余ることにより米自体の価格が下がり、
価格を維持ができなくなったため、米の生産面積の縮小と転作を推奨したのですね。

(以下続く)

対応エリアは全国、滋賀県以外でも大丈夫!

対面での取材でなければ、滋賀県・大阪府以外の方の以来も受け付けています。
記事の作成が面倒だ!時間がない!
そんな方がおられましたら、アナログエンジンまでご一報ください。