通信販売用ホームページ制作

インターネットを利用した通信販売の売上は年に約10%上昇中

もしお客様がインターネットで商品を販売したいなら、様々な方法を選ぶことができます。
有名な楽天ショッピング、Yahooショッピング、その他ショッピングモールに出店したり、自社のホームページで通販ページを作成したり。
弊社では、お客様のインターネット出店を支援しています。

売上UP支援も行っています

弊社のお客様の中では最大年商6億円をインターネットだけで売り上げているお客様もおられます。
お客様が希望されるならどうやれば売上UPにつながるか、何をすればいいのか、商品は何を扱えばいいのか、弊社からアドバイスをします。

通販サイトの実現を容易にするオープンソースもあります

最低0円から!オープンソースを使用した通販ホームページ制作料金

すでに開発済みの通販システムを導入すれば低価格で構築できます。何より、標準で必要なほとんどの機能を網羅しているため開発費用がかからないこと、設置したその日から使用できること、たくさんのメリットがあります。
オープンソースが低価格で高機能なホームページ作成を実現します。

WordPress導入費用:0円
カスタム:21,000円〜
ブログの王道、WordPressにも通販ができる機能があります。スマートフォンにも対応。
EC-CUBE設置導入費用:0円
カスタム:21,000円〜
すでに作り込まれた通販システムです。
携帯電話からのモバイルアクセスにも対応。会員登録・ポイント制度・メールマガジンの配信も標準で可能です。低価格で通販サイトを運営できます。
オリジナルシステム導入費用:わりと高額お客様の通販の形態に合わせてオリジナルで作りこむ通販システム。費用はかかりますが、発注方法が複雑な商品などにも対応できますし、追加のカスタムはむしろ安価です。
弊社が忙しい時期にはあまり頼まれたくない仕事の一つです。

ショッピングモール出店支援

国内外ショッピングモールの出店支援も行っています。以下はショッピングモールの特徴です。

楽天

日本の最大手ショッピングモール。出店者数日本一だが、買いたい商品以外の商品もリストアップされる、近所のオバちゃんなみにお節介なシステムが売り。
手数料と出店料を取り戻すためには粗利率20%以上の商品を120万以上売ることが前提。
ただし、金の力で売ることも可能になる、リッチ優遇モール。

Yahoo!ショッピング

出店料・出店手数料を2013年に大幅改善し、孫正義社長自らEC革命と名づけた戦いの火蓋を自ら切った。
ただし、出店・販売コストは楽天よりも大幅に下がったが、システムは以前と変わらない出品者泣かせの模様。
他店との差別化が売上UPの鍵。

Amazon

ユーザー数が国内最大のオンラインECモール。
他のモールと違って、申し込み後すぐに販売を開始できる。売上ロイヤリティは若干高めだが、決済手数料を含んでいる点や、他のモールに比べて販促やページに手をかける必要がないこと。

ポンパレモール

2013年3月にサービスを開始した、リクルートが運営するショッピングモール。リクルートグループの様々なサービス(じゃらん、ホットペッパー、ゼクシィなど)と連携して集客を支援するとともに、各サービスで得たポイントをポンパレモールでの買い物に使用可能。

Wowma!(ワウマ)

2017年1月30日、DeNAショッピングと、auショッピングモールが名称を改称し「Wowma!」&「Wowma! for au」に。出店費用やポイントシステムなどは特に変化はなく、今までの連携はそのままで名称が統合された。
スマホユーザーが80%以上と圧倒的に多い。

Qoo10(キューテン)

主な利用者は、20代~30代の女性がメインで、スマホからのアクセスが全体の60%以上を占める。
女性向けファッションや美容商品がランキング常連。複数店舗での購入による合算金額に対してカートクーポンと呼ばれるモール発行クーポン施策が非常に人気。