名刺・ショップカード

名刺・ショップカード

名刺やショップカードひとつでも、「どういう人なのか」「どういう会社・どういう店舗なのか」、大体のイメージが湧いてきます。
名刺やショップカードを持つか持たないかは自身の姿勢を問われますし、デザインをこだわるかこだわらないかでも企業の姿勢が問われてきます。
世の中、見た目だけではありません。しかし人は見た目から判断してしまうのも事実です。”相手の姿勢”を見ているため、見た目は第一段階のステップとも言えるのです。

名刺やショップカードなどのデザイン・印刷もアナログエンジンにお任せください。
紙質やサイズなどご希望に合わせてデザインいたします。

弊社実績

ふろがま洗浄プロ様の名刺を制作しました

安井歯科様の名刺を制作しました

T−マファッソン様のショップカードを制作しました

名刺の必要性

名刺交換で「自分の所属」を明らかにする

名刺交換することの意味の一つとして、「自分の所属を明らかにする」ということが挙げられます。
ビジネスマンとしてのアイデンティティとなる、会社の名前と役職名を明らかにします。また、営業先で名刺を渡す場合、相手方は知らない人であることがほとんどです。
後日相手を思い出す時に、名刺のイメージを元に思い出すようになりますので、デザインが非常に重要になります。

挨拶の一部としての名刺交換

名刺が重要な理由として、名刺交換をする行為自体が挨拶の一部として機能していることが挙げられます。
名刺交換をすることで「はじめましての挨拶」が完了します。


もし、例えば貴方が面接官だったとして、「きちっと決めてスーツも奇麗に着こなしてる人間」と、「髪はぼさぼさでスーツもしわだらけ」の対照的な二人を見てどう思いますか?
後者の方が実際スキルがあったとしても、落とされてしまう事がほとんどではないでしょうか。本当に出来る人なら、そんな格好はしてこないはずなのですから。


第一印象は大切です。
自信をもって渡せる、印象の良いデザインの名刺を持っていたいです。

印象に残る名刺を

気付いたら手元にたくさんの名刺が・・・ということも多いと思います。
名刺は単なる社交辞令や、情報交換ツールではありません。名前を覚えてもらうための販促物といえます。
一年後・二年後に見られた時でも、事業の内容がわかるような内容が良いでしょう。
しかし、少しでも印象に残るようにと情報を盛り込みすぎると、文字が小さくなってしまって見にくかったり、文字が多すぎて読む気がしなくなったりしてしまいます。結果的に、たくさんの名刺の中に埋もれてしまいます。
かといって飾り気のないシンプルな名刺では、印象に残りません。
誰が見てもわかりやすく、インパクトのある名刺が理想的です。

ショップカードの必要性

ショップカードの最大のメリットは、店の情報にお客様がすぐにアクセスできることです。
多くの店舗がレジ横に置いて「ご自由にお持ち帰りください」としているケースが多いです。その場合、店に好感やリピート意欲を持ったお客様だけが持っていくので、店の情報の記載が、集客・売上アップに結び付きます。
お客様は1回来店しても、店舗の電話、住所など含めてその情報をほとんど覚えていない事が多いです。それどころか店の名前さえ忘れていることも多いものです。
そういった場合、インターネットで検索するか、あるいは探すのが面倒で行くこと自体を放棄してしまうか、のどちらかになることも考えられます。更に、インターネットで探し始めても、他のお店に目移りして、違う店舗へ来店してしまう可能性もあります。
知らないところで大きく機会損失しないために、再来店してもらえる確率を高めましょう。

gato

弊社製作実績

vanya Language school様の名刺を制作しました

ふろがま洗浄プロ様の名刺を制作しました

安井歯科様の名刺を制作しました

adrer NAIL様の名刺を制作しました

adrer NAIL様のショップカードを制作しました

タスケル合同会社様の名刺を制作しました

パティスリー T−マファッソン様の名刺・ショップカードを制作しました

有限会社 アナログエンジンの名刺を制作しました

華楽様の名刺を制作しました

HIGHWAY BULLDOG様のショップカードを制作しました