小規模事業者持続化補助金について

令和元年度小規事業者持続化補助金について

令和元年度補正予算「小規模事業者持続化補助金事業」の公募開始

今年の「小規模事業者持続化補助金」の公募が開始されています。
そもそも小規模事業者持続化補助金とは何か?どんな時に使えるか、と皆さん調べられるかと思います。
商工会が言っているのは、

本事業は、小規模事業者が商工会と一体となって取り組む持続的な経営に向けた経営計画に基づく、地道な販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)や生産性向上などの取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

ということです。
つまり、今事業をしていて「あとこれがあればな」や「もっと会社をアピールしたい」と思われている小規模事業者の方を支援する補助金ということですね。
例えば、国道に看板を立てたい、や拡販するためにチラシを作って折り込みしたい、ホームページを作って事業を知ってもらいたい、などに役立てることができる補助金です。

手続きの期限

【公募開始】2020年3月10日(火)<公募要領公表>
【申請受付開始】2020年3月13日(金)
【第1回受付締切】2020年3月31日(火)[郵送:締切日当日消印有効]
【第2回受付締切】2020年6月5日(金)[郵送:締切日当日消印有効]
【第3回受付締切】2020年10月2日(金)[郵送:締切日当日消印有効]
【第4回受付締切】2021年2月5日(金)[郵送:締切日当日消印有効]

今回は4回に分けて申請ができるというように変更になっています!
去年は2019年4月25日〜6月12日までと1回の申請だけでした。新型コロナウィルスの影響で支援が拡大しているが嬉しいですね。

採択結果公表日と補助事業の 実施期間

第1回受付締切
第2回受付締切
第3回受付締切
第4回受付締切
申請書類一式の
送付締切
2020年3月31日(火)
[最終日当日消印有効]
2020年6月5日(金)
[最終日当日消印有効]
2020年10月2日(金)
[最終日当日消印有効]
2021年2月5日(金)
[最終日当日消印有効]
採択結果報告
2020年5月下旬頃予定
2020年8月頃予定
2020年12月頃予定
2021年4月頃予定
補助事業者の
実施期間
交付決定通知受領後から
2021年1月31日(日)まで
交付決定通知受領後から
2021年1月31日(日)まで
交付決定通知受領後から
2021年7月31日(土)まで
交付決定通知受領後から
2021年11月30日(火)まで

補助金額

原則50万円を上限に補助(補助率:2/3)

持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するための補助です。有効に使いましょう!

補助対象者

この補助金は誰でも申し込めるわけではありません。
商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」及び、一定の要件を満たした特定非営利活動法人、というように決まりがあります。

小規模事業者の定義

業種人数
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く)常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業常時使用する従業員の数 20人以下
 製造業その他常時使用する従業員の数 20人以下

上記の条件を満たしていれば、商工会議所へ申し込みに行くことが可能です。
自分で申し込みもいけますし、代理人の方に申請してもらうことも可能です。
アナログエンジンは様々な補助金の知識を備えておりますので、補助金についてのご質問はお気軽に!

補助対象経費

上記の経費が補助の対象になりますが、必ず下記の条件を満たす必要があります。
(1)使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
(2)交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費
(3)証拠資料等によって支払金額が確認できる経費  

補助金はあるしとにかく使わないと損!だけで使えるものではありません。
明確に目的と目標を持って有効に利用することが大切です!

今年の持続化補助金の特徴

今年の小規模事業者持続化補助金は、新型コロナウィルスの影響もあり、申請期間や支援目的にも去年と少し違っています。新型コロナウィルスの影響を受けながらも販路開拓や事業の告知などに力を入れていきたい事業主の方は特に必見です。

今年の小規模事業者補助金の支援目的

に対しての支援を目的としています。
特に新型コロナウィルスの影響でお客様の激減や、商品の告知が思うように進まない事業者の方には販路開拓のためにやれることができるチャンスです。
例えば、飲食店でテイクアウトを余儀なくされている店舗様の場合は、テイクアウトを告知するためのチラシ制作や、テイクアウトの為の機材導入やパッケージ制作などに補助金を申請することも可能ですね!

応募方法

補助金の応募方法は、各地区の商工会へ提出となります。
各地域の商工会にて申し込み用紙が公開されていますので、ご確認ください。
直接持ち込みでも郵送でも大丈夫です。
期限を過ぎてしまうと申し込みができなくなってしまうので、期日を守って申し込みをしましょう。

アナログエンジンへのご相談

アナログエンジンでは、小規模事業者持続化補助金を使って制作にご協力できることがたくさんあります。

ホームページの制作
チラシ作成
名刺制作
パンフレット制作
看板制作
システム制作

広告となると世の中にたくさん溢れている広告より目立ったり、目的のターゲットの目に止まって欲しい、など様々な戦略が必要です。ただ作れるだけにせっかくの補助金を使うのではなく、きちんと戦略が練られたツールに補助金を使われることをお勧めしています。
お客様にたくさんヒアリングをさせていただき、今の社会情勢や業界事情なども踏まえてより良いアドバイスをさせていただきます。