レンタルサーバー障害・管理情報

[修正]php8.0の選択的導入と将来に向けたwordpress6.0への対応

php8.0の導入を行いました

サーバー管理ツールのpleskアップデートにより、php8.0の導入を行いました。ホームページの表示などサクサク動くことを確認していますが、2021年1月現在、一部のワードプレス・プラグインが未対応のため、エラーが表示されることを確認しています。 今後のアップデートで対応されると思いますが、2021年12月リリース予定のWordPress6.0に向けての段階的アップデートとして実施しました。 ユーザー様においてはシステムの稼働状況など様子を見ながらコントロールパネルでの切り替えをお願いいたします。 対応しているのはアナログエンジンのレンタルサーバー(C1〜C4まで)です。 なおアナログエンジンにてホームページを制作しているお客様については、弊社にて段階的に様子を見て無償でのアップデートをさせていただきます。

2021年11月、修正しました。

2021年1月に書いた記事を修正しました。Wordpress6.0のリリースは5.xから順延され、恐らくは通常通りの予定で行けば2022年3月かと思われるのですが、ディスカッションを見ていると改悪点(と言われている)を改善する5.9xのようなリリースになるかも知れません。

2021年12月のWordPress6.0リリースに向けて

WordPress公式ホームページには、WordPress 6.0までのロードマップが掲載されています。各アップデート予定時期も公開されており、主にGUIでデザインを操作できる公式ツールGutenbergの強化が盛り込まれています。また、詳細なアップデート情報を見ると外部投稿についてはSSL領域以外からの投稿ができなくなっているようで不正投稿を防ぐためのセキュリティーの強化が伺えます。

公式サイトに表明されているプロジェクト

WordPressアップデート予定

WordPress6.0へのアップデートはちょっと待った

予定されているプロジェクトの内容から、データベースに大きなマイグレーションが発生するのでは無いかと思います。不可逆なアップデートですので、アップデートすると過去には戻れません。バックアップを必ず取ることはもちろんですが、すでにelementorなどのGUIで動くヴィジュアルエディターを使用している方はコンフリクトを起こす可能性がありますので(結構ここが衝突します。特にpostmeta)、WordPress 6.0へのアップデートをされる前に、公式エディターであるGutenbergの動作を完全に切れるかどうかをチェックしてからアップデートをした方が良いとお見ます。

古いテーマファイルは全面的に作り直しの可能性が。

Gutenbergの充実により(邪魔だと感じている人もチラホラ)サイドバー、フッターからのライブラリ呼び出しの仕様が5.8時点から改修されています。これによりテンプレートの作り直しが軽微ながら発生しているのですが、Gutenbergに集中したアップデートなら、大きくテンプレートの修正が発生する可能性が高いと思います。

WordPress 6.0へのアップデート時期やロードマップについて詳しくは下記の公式ホームページをご覧ください。

 

1999年創業、芸歴20年のホームページ制作会社。滋賀県のみならず、北は秋田、南は鹿児島まで広い地域でお客様がいます。デザインからシステム、補助金のご相談までお任せください。

有限会社アナログエンジン(analogengine.jp.)
ホームページ作成・グラフィックデザイン・WEBシステム作成・看板作成、その他
IT導入支援事業者・滋賀県専門家派遣登録済み・各種補助金利用可能

524-0032 滋賀県守山市岡町104-1
びわこ広告デザイン研究所
TEL: 077-514-0220 FAX: 077-514-0330

copyright(C)1997-2021 analogengine Inc. All right reserved.