異性(稀に同性)に対して抱く、強烈な好意のことで、喜怒哀楽につぐ5番目の感情として知られる。一般には、体験した者にしか、その感情は理解できない。また、低学年の小学生がそれを体験することは稀とされる。噂では、「恋を知ったとたんに大人になる」という説と「子供でも恋を知ることができる」という2説がある。(シャトナーメモより)


《 戻る 》