序章


      
           暗闇の中、背中を見せて立ち尽くすひとりの男。
           終業のチャイムが鳴っている。
           飛龍小学校の児童たちが、元気よく叫ぶ。
      
その声   「先生、さようなら。皆さん、さようなら。」
      
           男は微動だにしない。
           見えない児童たち、椅子を机に入れて下校を始める。
           男も、教室の出口をめざして帰ろうとする。
      
女     (現れて)赤木君 
      
           と、男の背中に叫ぶ女。どうやら、教師のようだ。
           男、立ち止まる。
           立ち止まるが、依然、背中を見せて沈黙している。
      
男     「……。」
女教師   待ちなさい、赤木君。今、君は終わりの挨拶をしなかったわね? 
男     「………しました。」
      
           異様に子供らしいその声!
      
女教師   また嘘をつくのね、赤木君。いい? 赤木君。きちんと挨拶の出来ない人は、
      将来立派な大人になれませんよ。
男     「心の中で、しました。」
女教師   こっちを向きなさい、赤木君!
男     「………。」
女教師   赤木ジョー君!
      
           赤木ジョーと呼ばれたその男。
           ゆっくりと振り向きながら答えるジョー。
      
ジョー   「先生……僕に、挨拶を……」
      
          「…させないでください。」
           ……彼の言葉を、そう、誰もが予想する。
           しかし、この振り向きざまに、
           今こそ喋れジョー、君の真の言葉を!
      
ジョー   ……俺に挨拶をさせないでくれ。
女教師   「何ですって? 挨拶をさせないでくださいって、どういうコト?」
ジョー   昨日手に入れた秘密なんだ。
女教師   「秘密?」
ジョー   俺は今週、もう『さよなら』を十一回言った。ジーザズ! ……なんてこっ
      た、今ので十二回目だ。あと一回、もしも誰かに十三回目、サ行で始まる別
      れの挨拶をしちまったら……
女教師   「どうなるの?」
ジョー   あんたに言っても、信じちゃあもらえんさ。
女教師   「……はあ。君の言うことは、いつも訳が分からないわ」
ジョー   もういいかい? 悪いが、急ぐんだ。
女教師   「待ちなさい! 赤木君、キミ、ランドセルは?」
ジョー   (しまった、と舌打ち)いや、先生、これは……
女教師   「ランドセルをほっぽって下校するの?」
ジョー   いや、その。
女教師   「(はたと気づくことあり)あら? そういえば赤木君。最近キミ、ずっと
      ランドセルを背負ってるのを見てないわね。…どういうことかしら 」
ジョー   ……俺がランドセルを持ってこうとすると、オードリーが泣くんだ。
女教師   「オードリー?」
ジョー   家のマルチーズさ。ランドセルを、ドッグフードの次に愛してる。
女教師   「……持って来てないのね?」
ジョー   (諦めて、肩をすくめ)あんな不格好な物を背負って、五番街を歩けっての
      か?
女教師   「赤木君。先生も、個性は大事だと思うわ。でも、キチンと決まりを守らな
      い人は、立派な大人になれません。飛龍小学校の児童は、四年生までランド
      セルで登下校を………」
ジョー   先生。小言なら、明日聞くさ。とにかく今日は、急ぐんだ。
女教師   「人の話を聞きなさい!」
ジョー   探し物なんだ。大事な、探し物なんだ。
女教師   あんたに言っても、信じちゃもらえんさ。
ジョー   「(ついに怒鳴る)赤木君!」
      
           その時、ジョーの遠い背後から、
           息を呑む美しさできらめく光の束!
      
ジョー   百の口から溢れ出た、宇宙に関する千の噂!
      
           突如として胸熱くなる『バビル2世』の終わりの歌のイントロが
           鳴り響き、屈強な三人の男子児童が踊り出る。
      
児童1〜3 でやあああああああっ (と叫んで歌う)
      ♪
       尾行調査だ 聞き込みだ
       探偵術を使う時 すごい秘密が姿をあらわす
       「赤木、行くぞ」
       秘密を探して地を駆ける
       正義の探偵 秘密ハンター
      
       隠しカメラだ盗聴だ
       あの手この手を使う時 ヤバイ秘密も姿をあらわす
       「赤木、逃げろ」
       秘密を探して空も行く
       探偵チーム 秘密ハンター
      
           女教師、圧倒されてとっくに退場している。
      






表紙に戻る←